子供への期待

セッションを受けたことがある方は、

手放すものとして私がよく言及するのが、「期待」であることはご存知かと思います。


親子関係に限らないのですが、今日は親子を例にしてお話しします。


親はよく子供に、あぁなって欲しい、こうなって欲しいと思いますね。

●笑顔を絶やさないで欲しい

●元気に育って欲しい

といったポジティブな「欲しい」は、期待というより「願い」ですね👍


しかし、

性格を変えて欲しいというような欲求……、

例えば

●感受性が強い

●内向的

羞恥心が強い

●我が強い

●天邪鬼



これらを直して欲しいという「期待」というか、ほぼ「ダメ出し」💦


こういった性格を「問題」と思っているところが、そもそも「問題」

であり、「強固なジャッジ」です。


親がこうした意識を持っていると、親子関係はスムーズに行きません。

期待のエネルギーは、子供に伝わっています。

親が、子供と良好な関係だと思っていても、子供は苦しんでいます。


子供は自分のありのままを親が受け止めていないことくらい、子供には分かるのです。


なぜ、感受性が強いことがいけないのでしょうか?

なぜ、羞恥心が強いことがいけないのでしょうか?

なぜ、天邪鬼がいけないのでしょうか?


子供に対する否定、ダメ出し、思い込み、ジャッジの数々は、

子供が成長するにつれ、重くのしかかり、大人になって苦しむ経験をするようになるでしょう。


片方の側からしか視ることのできない狭い視野が、ジャッジです。

天邪鬼になる子供の気持ちを、丁寧に見てみましょう。

感受性が強いことの、利点を考えてみましょう。

そして、羞恥心はなぜ生じるのか、考えてみましょう。

もしかしたら、親や周囲が「期待」をかけすぎている(言葉に表していても、していなくても)のが原因で、羞恥心が強くなっているのかもしれません。


他人に期待をすればするほど、その通りになりません。

期待のエネルギーは、「コントロール」のエネルギーにもつながります。

コントロールのエネルギーは、「奪う」エネルギーでもあるからです。

奪おうとすればするほど、相手は奪われまいとするでしょう。








閲覧数:25回