意思疎通できない人

相模原市の「津久井やまゆり園」で入所者45人を殺傷した被告は、

「意思疎通の取れない人は、社会の迷惑になっている」という持論を口にしています。


「意思疎通できない」人は、世の中にたくさんいます。

自分の周囲にいなくても、たくさんいます。

赤ちゃんもそうです。

赤ちゃんは話せないので、コミュニケーション方法は「泣く」しかありません。


認知症の人も意思疎通できない部分がありますね。


耳の聞こえない方や、目の見えない方。

外国人だって、意思疎通できませんよ。

動物とだって、話せません。


昨今「コミュニケーション能力」がもてはやされています。

社会がそれを求めると、

「コミュニケーション能力を高めなきゃ!」

「コミュニケーション能力が劣る人は、価値がない」

という風潮になります。


ですから、

「他人とコミュニケーションがうまく取れなくて、

人間関係でトラブルが生じるんです」

といったお悩みを持たれます。


こんなにたくさんの意思疎通できない人がいる世の中です。

コミュニケーションなんて、自分の思うように取れないのが当たり前。

コミュニケーションが下手でも、いいじゃないですか。

それって、個性の一つ。

個性に「善悪」はないですよね。


意思疎通できないと思うのは、そこに「愛」がないからではないでしょうか。







15回の閲覧