夏越しの祓


今日は、お一日参りで氏神様に行きました。

特別にお願いしたいことがありましたので、祈願して参りました。

参道には、ちょうど夏越しの祓の茅の輪が設けてありました。

夏越しの祓は、1年の半分に当たる6月の晦日に、半年分の穢れを清める行事です。

茅の輪という、チガヤまたはわらで作った大きな輪をくぐって、疫病を払うそうです。

今年も半年、健康で幸せに過ごせたことに感謝したいと思います。


14回の閲覧