病むことの意味


目の前の現実には、意味があります。人との出会いも、問題となっていることも......。

たとえば、私たちは病気になることがあります。

チャクラバランスが乱れ、オーラに穴が空き、肉体レベルで症状が出てくることによって、はじめて「病気だ」と気付きます。

病気になる前に、オーラでは必ず変化が起きています。

エネルギーレベルでそれを表現しているのですね。

さて、病気だと気付いたとき、それは私たちに何を意味しているのでしょうか?

偶然病気になったわけではなく、何かしら「人生を歩んでいく上での気づき、学び」が必要だからではないでしょうか。

病気にでもならないと、気付かない。

病気にでもならないと、振り返らない。

そんな生き方をしてきたことへの警鐘ではないかと思います。

自分を見つめ直すこと、内省内観することの必要性をハイヤーセルフは教えてくれているのですね。

これは、病むことだけではなく、人間関係のトラブルとしても現れます。

本来の自分・本質的な自己であるハイヤーセルフと、自分だと思い込んでいる自我(エゴ)の自己の乖離がひどくなると、何かしら問題や病気となって現れてくるのです。


29回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com