片想いの人の妄想と現実(2)


片想いのブログを書くと、とてもアクセス数が多いので、興味あるテーマなのかな?と思い、

今日も書いてみますね。

昨日の方の話の続きです。

クライアントは40代、家庭内別居中。通勤途中で見かける男性にそろそろ自分にアプローチしてきて欲しいと思っています。

まぁ、家庭内で満たされない気持ちを、他の男性に恋こがれることで満たすのは自然なことだと思います。

ジャニオタになるのも、羽生くんに夢中になるのも、韓流スターを追いかけるのもよくあることですから。

鑑定は、あまり良い結果ではなかったのですが、

良くない結果だと、その表現一つ一つに質問が来て、納得できないご様子(^^;

話したことはないけれど、彼は私を好きなはずなので、それはおかしい!

ということなのでしょうか......

そもそも話した事もない彼なのに、「最近会えなくて」とか「会う回数が増えるにつれ、彼への思いがどんどん強くなり......」とおっしゃいます。

妄想と現実の境目が無くなってきているので、「見かけた」=「会う」になってしまっています。

鑑定結果からは、「冷静な判断を」というメッセージが出ているのですが、

「自分の想いにフタをし、彼に嫌われないようにしていたことが、よく分かりました」

と、全く鑑定内容を理解できてないごようす......

話した事のない人に「嫌われないようにする」って、一体どういうことなのか、よく分かりません。

私がお伝えしたメッセージが理解できていないということは、かなり霊障が重くなっている証拠。

ヒーリングをお届けしたので、少しでも妄想というネガティブエネルギーが今後消えていくといいのですが......

片想いに悩む方はどうしても、誰かに依存したり、客観的な視点が欠けがちです。

だから、片想いなんですけど......

こうした状態がさらにひどくなると、そう.....ストーカーになってしまうんです。


41回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com