「すべき」「したい」「する」


できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うから挑戦する

というのは、先日引退したイチロー選手の言葉です。

何がどう違うか、皆さん分かりますか?

図を参照してください。

彼が、「顕在意識と潜在意識」との違いを踏まえて言ったのかどうかは分かりませんが、

「したい!」と思うのは直感です。

心の声ですね。

心の声のもっと深い声が、魂の声です。

「したい!」

より、

「する」

になるわけです。

「する」の原動力は何でしょう?

「愛」です。

彼は、いつしか自分のためでなく、野球を愛する人のためにプレーするようになったそうです。

喜んでくれる人のために。

そうした境地に達した時に得られるのが、「充実」。

引退会見の時の表情は、「充実」そのものでした。

彼は続けて、

「そうすれば、どんな結果でも後悔しない」と言っています。


34回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com