クライアントは「欠けている人」ではありません


たまに、私もセッションを受けます。

今月初めに受けたサスティンカードセッションは、とても素晴らしかったです!

しかし、先日受けたセッションはちょっと残念でした。

クライアントとは「問題ある人」「何かが欠けた人」前提なんです。

カードセッションだったのですが、

「今、人生に対して諦めの気持ちを抱いていますか?」

「誰かをコントロールしようとしてますか?」

「誰かに嫉妬してたり、怒りの感情を抱いてますか?」

「これって、当て物の占い???」

と思ってしまいました(^^;

何のダメ出し???

もちろん、どれもNOです。

私がどれもYESだったら、そんな私が提供するセッションは、皆さん受けたくないですよね(笑)

私は、Medicine Touch®︎アロマアルケミーリーディングでもカードセッションでも、

こんな質問をしたことはなく……。

いきなりこんな風に聞かれると、萎えますよね(笑)

セラピストは、クライアントを「欠けている人」意識で見てはいけないと思います。

悩んでいる=「問題ある人」

ではなく、「問題にしている」だけなんです。

どんな思考が、問題にしているのか?

を探るのが、私のセッションです。


31回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com