日本人のカルマ(思考の癖)、「同調圧力」


平成〜令和になり、「日本人」であることを意識させられる今日この頃。

個人個人にカルマがあるのと同じで、

日本国・日本人にもカルマがあります。

それは、「同調圧力」だと思います。

「無意識に、場の空気を読んで他者と揃える」

「主体性のなさ」

「人と違うことをすると、叩かれる」

ドラマ「定時で帰ります」を会社員時代、地で行っていた私(笑)

ちょうど平成になって入社したので(いわゆるバブル入社ですね)、

30年経った今、こんなドラマを放送しているということは、

いかに定時で帰れない状況が30年以上も変わっていないかを示しているのかと思うと、がっかりします。

新人だろうが、やることをやったら、周囲が残業していても、

さっさと帰っていた私(笑)。

最大限有給を取り、いや、その前に生理休暇を消費し……(笑)。

根底にあるのは、「自分を大切にしている」からです。

無駄なことはしたくない。

無駄な時間は使いたくない。

その分、自分が好きなことをする。

周囲にどう思われようと、気にしない(^^)

集団、会社、チーム、国家は、「個」があってこそです。

日本ではそれが逆で、「集団」のために「個」を犠牲にしがちです。

これは、「集団」も「個」も幸せになれるシステムとは言えません。

「同調圧力」は、日本人のDNAとして強固に受け継がれています。

もちろん、「和」を大切にすることで、良い面もあります。

しかし、これほど豊かな日本で「生きづらさ」を感じる人が多かったり、

ストレスが犯罪や迷惑行為に繋がったり、自殺者が多かったりするのは、どうしてでしょうか?


28回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com