付き合っているなら、マメに連絡するのは当たり前?


本来、私たちが生まれた時は、「ジャッジ」を持ってません。

赤ちゃんは泣きますが、

「ママ! おしっこしてるのにオムツを替えないのはよくないよ!」

と言いたくて泣いているわけではありません(笑)

善悪で判断してるわけではないんです。

ただ、不快だから泣いている。

でも、いつの間にか、

「◯◯しちゃダメでしょ!」

「こういう時は、△△しなきゃダメでしょ!」

と言われて、

「こういう時はこうすべき」

「◯◯するのは、当たり前」

といった「善悪」を身につけていきます。

大人になって、こうしたジャッジが激しいと、

自分の善を他人に押し付け

「善いか悪いか?」の二択でしか考えられなかったり、

とても狭い見方しかできなくなります。

すると、様々なトラブルの原因になります。

恋愛関係にあるカップル。

男性は忙しくて、連絡が滞りがちです。

女性は寂しくてたまりません。

「付き合ってるんだから、毎日連絡するの、当然だよね?

あなたの行為は、彼氏として間違っている!」

と怒鳴りました。

そして、怒ってしまった自分を後悔したとします。

連絡をあまりしてくれない=悪

感情に任せて怒った自分=悪

自分の基準(エゴですが)から外れた行為している人を、

なんとか、自分の基準(エゴ)に当てはめようとする……。

ジャッジによって判断するのではなく、

「その選択が、どんな未来を創るか?」

で考えることをオススメします。

「私はこれが正しいと思うからする」

「私はこれば間違ってると思うから、しない」

というジャッジではなく、

「私がこれを選択すると、ワクワクする未来になるだろうか?」

ジャッジしない=ありのままを受け止める(Being)

感情に任せて怒った自分を「悪」とジャッジするよりも、

「怒ってしまったこと、怒りの感情を持ったことを受け止める」と、

意外と早くその感情を手放すことができます。

これがよくいう、「ありのまま感じ切る」ということです。

死ぬまでに、知らずに身につけたジャッジを一つでも多く手放しましょう!

Access Bars®︎は、ジャッジや固定観念や思い込みを手放すのに最適な

エネルギーワークです。


32回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com