全て相手のせいですか?


よく、一方的に相手に非があって、自分は気の毒な存在であることをアピールする方がいます。

「ロクな先生に巡り会えず、学びたいことが学べない」というAさん。

「親しいと思っていた相手が突然、手のひらを返したような態度で、攻撃してきた」というBさん。

まず、Aさんですが、

ロクな先生に巡り会わないのはなぜでしょう?

自分に選択の目がないのかもしれませんし、

自分と同じ波動の人に引寄せれられているのかもしれません。

「今まで、ひどい先生ばかりだったんで、あなたには期待してますよ!」

このセリフを聞けば、もう、どんな先生に会っても、良い学びは得られないことが予想されます。

先生が良ければ、生徒全員素晴らしい成績になるでしょうか?

要は、自分がどう取り組むかが重要。

Aさんは「他者依存」の典型です。

Bさんは、自分の何が相手に嫌悪感を与えたかが、分かりません。

ですから、

「自分も悪い部分はあったかもしれないが、相手にきちんと反省してもらいたい」

とのこと。

手のひらを返すまで、相手はずっと我慢してきたのかもしれません。

たくさんの嫌悪感の積み重ねによる爆発が、まるで「攻撃」のように思えたのでしょう。

相手に反省させたくても、それはコントロールできることではありません。

相手に反省させたいのは、自分の怒りがおさまらないから。

自分の優位性を保ちたいから。

まずは、このトラブルから自分は何に気づくべきか?

だと思います。

自分の意識が、現実を引き寄せていることを考えれば、

全て相手のせいではないのです。


40回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com