気付きのタイミング


よく「気付き」が大事と言います。

でも、いつ気付けるか?

は人それぞれ。

すぐに気付く時もあれば、ようやく気付く場合もある。

医学博士、解剖学者である養老孟司さんは、

挨拶がとても苦手だったそうです。

なぜ、自分は苦手と感じるのか?

それに気付くまでに、40年かかったとのこと。

一方で、いつもご依頼いただいているクライアントのM様。

「彼への執着を手放すにはどうすればいいですか?」とのご質問に、

M様のハイヤーセルフからのメッセージをお伝えしました。

執着を手放す方法が、「自由奔放に歌い、踊ること!」だったんですが(^^;

早速、カラオケで歌ってきたというM様は、

「執着してることより、自分が楽しいことがあって、そうしていれば執着なんてどうでもよくなるんだなと思いました」

「その後すぐに、他の男性から連絡が来ました!現実の変化の速さに驚きました」

気付きを得て、現実が変化✨

素晴らしいです!!

でも、どうして「歌い、踊ること」なんでしょうか(^^)

古来、人間は自然と共に生きていましたから、自然に畏敬の念を抱き、

太陽、山、川、海、森にもそれぞれに神がいると考えました。

豊作や飢饉や自然災害は、神様のなせる技ですから、神に祈ったり、感謝してきました。

その祈りに「歌い、踊ること」は、欠かせなかったのですね。

「歌い、踊ること」は、神々と交流することでした。

自由奔放に歌い踊るのは、一種「狂う」状態に入ることです。

非日常の世界に入る、忘我の境地。

楽しんで踊るということは、「今ここ」にフォーカスしていること。

楽しんで踊っているのに、過去の後悔や未来の不安は感じないはず。

「素の自分」で居られるから、執着も感じませんね♪


28回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com