すぐ、また会いたい!と思わせるには


前々回の「デートに誘われる方法」にすごくアクセスがあったので、

続きを(^^)

S様はAccess Bars®︎を受けられた後、うまくいっていなかった彼とランチに出かけ、

さらに翌日も彼とデートして、帰路の途につき✈️(遠距離です!)、

さらに来週も一緒に過ごす約束をしたそうです!❤️

Access Bars®︎で、ジャッジ、思い込み、固定観念が彼女からリリースされたからだと思います。

ただここで、「わーい!ラッキー♪」で済ませてしまっては、

せっかくAccess Bars®︎をした意味がありません。

どんなジャッジが外れたから、この現実を手にできたのか?

を内観してみることが大事です。

彼女には、お題として考えてみることを勧めました。

女性と男性では各々の役割から「考え方」が異なる部分があります。

女性は、家事でその能力を発揮しますが、

一度にたくさんのことをこなそうとします。

目の前のことだけでなく、少し先のことや、

自分だけでなく、家族のこと、周りのことを考慮しながら、行動します。

ゼネラリスト、なんですね。

でも、男性はどちらかというとそうではありません。

何か一つに集中し、終わってから、次のこと。

スペシャリスト、です。

「来月の◯日に自分が何をしたいか、どこに行きたいか?」

なんて、分からないのです。

その日の気分、その時のフィーリング。

前々から緻密にプライベートの予定を立てるのは、面倒なのかもしれません。

でも、女性目線で会う予定を画策しようとすると、

男性にとっては「めんど〜」となります。

もちろん、忙しい現代、スケジューリングすることは、

効率的に動く上で大事です。

でも、相手と時間の感覚が異なるのであれば、相手の自由意志を尊重せざるを得ません。

自分の時間感覚に相手を合わせることは、コントロールになります。


37回の閲覧

プライベートヒーリングサロン Beam of Light​​  

東京都世田谷区奥沢5−9  月〜金曜日 Open   10:00~18:00

©2017 Beam of Light Design by Wix.com