最悪のことをつい想定してしまう


「いつも、この先起こる最悪のことについて、考えておく」という方がよくいます。

どうして、こんな癖がつくのでしょうか?

幼少期を振り返ってみると、親の言葉が原因のことがあります。

親がつい心配して「失敗しないように、きちんと先のことを考えて行動しなさい」

と繰り返し言われると、

子供は不安になって、「想像しうる失敗」について考えます。

でも、失敗について考えれば考えるほど、その失敗が現実化します。

すると「ほら、ちゃんと先のことを考えないからこうなるのよ!」

と叱られ、ますますこの悪循環にハマります。

親の不安や恐怖心が、子供に伝わるのです。

自分の思考グセについて考えてみると、案外幼少期に端を発していることが多いのです。

親から刷り込まれた思考グセは、私たちの行動に制限をかけ、生きづらくさせてしまいます。

そうした思考グセ(カルマ)を取り除くのに適しているのが、Acess Bars®︎

頭にあるポイントをタッチしていくことで、こうした不要なリミッターを外します。


31回の閲覧